柏の歯並び矯正「なかよし柏矯正歯科クリニック」のマウスピースによる矯正のページです。医療法人社団 カムイ会 なかよし柏矯正歯科クリニック 千葉県柏市向原町3-29本院(当院から徒歩1分) なかよし歯科医院

マウスピースによる矯正

  • TOP
  • マウスピースによる矯正

mouthpiece

透明で目立たないマウスピース型矯正装置「インビザライン」

矯正装置の目立つイメージを払しょくするのがマウスピースを使った矯正装置です。透明の薄いプラスチック製なので、装着中もほとんど気づかれません。かんたんに取り外せるので食事のときには取り外し、歯磨きもいつも通りできます。そして2週間ごとにマウスピースを取り替えながら歯を理想の位置に動かしていくのです。

千葉県柏市向原町の矯正歯科医院「なかよし柏矯正歯科クリニック」では、マウスピース型矯正装置「インビザライン」にも対応していますので、お気軽にご相談ください。

マウスピース型矯正装置「インビザライン」の特徴

世界中で普及しているマウスピースによる矯正

世界中で普及しているマウスピースによる矯正

世界のさまざまな国で信頼され、使用されている矯正装置で、1000万人以上の治療実績(2021年5月現在)があります。数多くの研究も行われていますので、その実績がデータとして保存され、日々、さらなる改良が加えられ、より快適に、そしてより確実に治療できるように進化しています。

透明なので目立たない

透明なので目立たない

従来の金属のブラケットとワイヤーを使用する装置とは異なり、透明なプラスチック製で目立たないのが特徴です。厚さも0.5mmほどでとても薄いので、装着していても近くでよく見ないとほとんど気づかれません。歯の形にフィットしていて、異物感が少なく、舌の動きを妨げることもありません。

取り外せるため清掃性が高い

取り外せるため清掃性が高い

自分でかんたんに取り外せます。飲食時や歯磨きのときには取り外してください。何でも好きな物を食べたあとは、いつものようにお口の汚れを落とし、それからふたたびマウスピースを装着しましょう(就寝時も装着したままお休みください)。いつもお口の中がキレイなので、虫歯や歯周病のリスクを抑えられます。

同時にホワイトニングも可能

同時にホワイトニングも可能

歯列矯正のためのマウスピースをマウストレーとしてホワイトニング剤を注入すれば、ホームホワイトニングができます。歯の性質にもよりますが、歯並びを整えて、さらに歯を白くすることも可能です。お気軽にご相談ください。

痛みが少ない

痛みが少ない

ワイヤー矯正と比較すると痛みが少ないこともインビザラインの特徴です。インビザラインはワイヤー矯正と比べて少しずつ細かく歯を動かします。その動くルートはコンピュータシミュレーションに基づき効率化されているため、痛みが大幅に抑えられます。

口腔内スキャナーiTero®で精密な型取りができます

口腔内スキャナーiTero®で精密な型取りができます

口腔内スキャナーiTero®とは、お口の中を撮影する3D光学スキャナーです。小型のカメラでお口の中をスキャンするだけで精密な歯型をデータとして収集でき、それをコンピュータに取り込むと精度の高い歯型が得られます。照射する光は身体に影響のない光ですので安心です。

特徴
1:型取りも負担を軽減

1:型取りも負担を軽減

従来の型取りは、ドロドロとした印象材を入れた大きなマウストレーをお口の中に入れて、固まるまで口を開けたまま、じっとしていなければなりませんでした。これは快適な時間ではありません。しかし、スキャナーを使えば、短時間に不快感なく歯型が取れます。

2:精密な歯型採取が可能

2:精密な歯型採取が可能

従来の型取りの場合、術者の技術が印象精度を左右し、ブレたり、気泡が入ってしまったりすると精度が低くなります。口腔内スキャナーiTero®エレメントは、1秒間に6000枚の写真撮影が可能で、データが精密です。術者の技術に左右されません。

3:治療がスピーディー

3:治療がスピーディー

従来の型取りは、印象材に石膏を流し込んで硬化させ、さらに形を整えなければならないので実際に確認するまでにはかなりの時間がかかります。しかし、スキャンしたデータはすぐにモニタで確認できます。また、オンラインでインビザライン本社にデータ送付ができるので、マウスピースの作製もスムーズにはじめられます。

治療前にシミュレーションで歯の動きを確認

治療前にシミュレーションで歯の動きを確認

マウスピース型矯正装置「インビザライン」では、治療前の歯や歯並びのデータをもとに、パソコンで歯の動きをシミュレーションします。歯を理想の位置に動かすために、少しずつ形の異なるマウスピースを作製して、取り替えていくので、矯正治療前に、途中経過から理想の歯並びまでの動きをご覧いただけるのです。歯科医師だけでなく、患者さんにも分かりやすいので、これからどのように治療が進んでいくのかをイメージできます。治療のゴールを共有できるのも大きなメリットです。

他の装置と併用するケース

マウスピース型矯正装置「インビザライン」ができないケース

日々、進化しているマウスピース型矯正装置「インビザライン」は、ほとんどの症例で対応可能です。そんな中でも、お口の状態によっては治療効果があらわれないことがあります。その際にはご相談のうえ、もっとも合う治療法をご提案します。マウスピースと他の装置を併用する症例は次の通りです。

永久歯が生えそろう前のお子さん

永久歯が生えそろう前のお子さん

診断時に治療終了までを予測して、マウスピースを作製するので、永久歯がまだ生えそろっていないお子さんの成長や歯の生え方の綿密な予測ができず、治療計画を立てられないからです。

歯周病が進行している方

歯周病が進行している方

歯周病の進行している方でも治療と並行して行えるメリットがあります。歯の本数が少なくても理想的な咬合を再現し、審美的なバランスも改善することが可能になります。

顎関節症の方、歯の数が少ない方、咬合力が強すぎる方

顎関節症の方、歯の数が少ない方、咬合力が強すぎる方

咬合力が強くても他の治療と並行して行うことが可能です。顎関節症の方も治療と並行してマウスピース矯正ができます。マウスピースを使用することで顎関節の負荷を軽減することができるためおススメです。

かなり歯並びが悪い方

かなり歯並びが悪い方

歯並びを整えるために、マウスピースを1~2週間ごとに取り替える治療システムとなりますので、歯への負担をできるだけ小さくしながら少しずつ歯を移動します。そのため、マウスピースの数が増え、治療期間も通常よりも長くなってしまいますが、治療することは可能です。歯並びが気になる方はまずはお気軽にご相談ください。

Pick up

歯を削るIPRについて

「IPR(アイピーアール)」とは「InterProximal(隣接歯間の) Reduction(削合)」の略で、歯と歯の間を削る処置のことです。この処置の目的は歯を動かすスペースを作ることにあります。しかし当院ではこの処置を積極的には行っておらず、最終段階で調整する際に行う程度です。歯を削って揃えることに抵抗がある方もいらっしゃると思いますので、極力削ることなく理想の歯並びに近づけます。